歯の健康を保つための予防歯科

subpage01

予防歯科とは虫歯や歯周病になってから行う治療ではなく、日頃からお口の中のケアを行い予防することを指します。
定期的に歯科医院などで専門的なケアを行うこと、毎日のセルフケアをきちんと行うことが予防歯科の基本です。


歯科医院ではまず初めに、歯科医師や歯科衛生士が歯と歯茎の状態をチェックした後、口の中の状態に合わせて歯磨きの仕方などの指導が行われています。

T-SITE関しての情報探しを行うならネットが便利です。

そして、歯磨きでは落としきれていない歯垢を専用機器を用いて取り除いたり、スケーラーという器具で歯石の除去を行った後に、虫歯予防のための高濃度フッ素を歯の全体に塗布するのが、歯科医院の主な予防歯科です。

歯科医院でのケアを、半年に一度もしくは3ヶ月に一度くらいの間隔で受けるのが望ましく、それに合わせて正しいセルフケアを行うことが大切です。
歯磨き指導の際に受けたポイントを参考にしながら歯を丁寧にブラッシングする事を心がけ、奥歯の歯と歯の間などの磨きにくい所にはデンタルフロスで歯垢を取り除きます。



歯ブラシは、ブラシの背中側から見た時にブラシの先が見えるようであれば交換の時期です。



デンタルフロスには、Y字タイプや糸状のロールタイプなどがありますが、使いやすいものを選ぶようにしましょう。

歯磨きは1日3回、フロスは1日1回が理想的です。歯科医院の予防歯科ではフッ素の塗布も行われますが、家庭でもムシ歯菌予防のためのデンタルリンスなどを就寝前に使用するのも効果的なケア方法です。