審美歯科治療について

subpage01

審美歯科とは、歯を健康的に保つということを前提に、更に美しさを追求するために行う治療です。

ホワイトニングやセラミックによる補綴、そして矯正歯科も審美歯科の一つになります。ホワイトニングとはまさにその名の通り、特殊な薬剤を使って歯を白くする治療です。

クリーニングでは取れない黄ばみなどを白くすることが出来ます。方法は大きく2種類、クリニックで行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングがあります。
セラミックとは、歯並びや歯の形を整えたり、質感を良くしたりという際にセラミックで出来た補綴物を被せ物として使用し、見た目的にも白くて美しい歯並びにする方法です。
保険診療での被せ物は金属を使用したものが多く、見た目的にも少し黄色がかってたり、歯茎との境目が黒く見えてしまったりと審美的にあまり良くないため、セラミックなどを使用することで改善するのです。


ただ自分の歯を削ったり傷つけたりする必要がある場合もあります。



矯正歯科は、装置を使用し長期間かけて歯を骨ごと少しずつ移動させ、歯並びを美しくする方法です。



こちらは自分の歯を傷つけることなく美しい歯並びを手に入れる方法ですが、治療期間が数年単位と長くかかるため根気のいる治療にもなります。



また、治療中はずっと歯に装置がついているため、痛みや食べ物が詰まったりと生活に支障をきたすこともあります。
審美歯科治療は、美しさを目的としているためどれも保険が効かない治療方法になり、費用面も比較的高額になるものが多いです。